ありがとう

何とか、お正月を迎えられる家になりました!
大掃除というより、大片付け、もう、懲りた~


私がブログを始めたのは9月21日。
まだ3か月ちょっと。

最初は私と同じように不登校の子供に悩むお母さんたちが少しでも気が楽になれるように・・・
という思いでした。
私自身とても苦しかったのが子供(の不登校を)を受け入れられるようになってとても気が楽になった経験からです。

始めた当初はまさか こんなに素敵な方々との出会いがまっているなんて思いもしなかった。

悩んでる誰かの励みになれば、というのが
いつのまにか私の方が励ましていただいている。

心強いコメントをくださる方々。
拍手をしてくださる方々。

何も言わなくても訪問して、見守って下さる方々・・・。

自身のブログで生き方、考え方のお手本を示してくださる方々・・・。

もとから人は好きだったけど、もっともっと好きになりました。

人間はみんな弱い。だけど すごく強い。
私、そう思います。

だってみんな それぞれの生活の中で

日々いろんなことに出会いながら 必死で生きてる。

それってすごいこと。

適切な言い方じゃないかもしれないけど

みんな とても愛しい。

会ったこともない、そしてこれからも会うことはない人たち。

でも、みんな大好きです!!

いつも ありがとう!!

今年、みなさんと出会えたこと。

私にとっての財産。

来年も仲良くしてくださいね!


スポンサーサイト

宣言

なんとか大掃除の目途がつきました!
決して終了ではありません(苦笑)

普段、ロクにやらないクセにやる時はとことんやらなきゃ気がすまないというやっかいな性格です。

普段からマメにやっておけば年末だからってこんなに苦労しなくていいものを・・・


私、毎日コツコツというのが苦手です。
持久力がない。
典型的な短期決戦型。

学生時代もテスト前日に
教科書の範囲、全部暗記しちゃうような子でしたx

成績はいいが、ホントのとこ身についていない・・・



この辺が今後の課題です。

このブログだけは毎日更新という目標をほぼ守っています。
これはみなさんのおかげという部分が大きいのですが。

来年こそは・・・

いいえ!今から!
マメな私に変身します!!

ここで宣言したら守れる気がする。

人間、日々成長。

頑張ります絵文字名を入力してください


応援してくださ~い

座右の銘

今年もいよいよ終わりに近づいてきましたね。

みなさん、どんな年でした?

今年をあらわす1字は 変 らしいですが

私にとっては・・・ 戦 かな?

今年は自分自身との戦いの年でした。

不安、プライド、世間体、見栄、迷い・・・

苦しい思いをしたけれど、

その結果得たものはとても大きい。

自分の弱さを知り、人の弱さも知った。


その中で人とのつながり、以前よりずっと大切に思えるようになった。

女は40になると急にいろんな物が見えてくると聞いたことがありますが

本当だなって思いました(って40までまだ数か月ありますが。)


そして挑戦の年でもあったかな。

初めて運転免許をとり、いじった事のほとんどないパソコンでワード、エクセル(これはまだまだだけど)、ブログも始めた。


私ね、年とともにチャレンジ精神がとても強くなってきてる(進行形)

色んな事を知りたいし、色んなことに挑戦したい!


そんな私の座右の銘は

人間、出来る出来ない じゃなくて

 やるかやらないかだ!



年だから とか
向いてないから とか
自信ない なんて関係ない。


この先の人生の中で一番若いのは今日なんです。

向いてないって決めてるのは自分自身です。

自信なんんてやってるうちにでてくるもんだ!


せっかくの人生、やりたいことはやらなきゃもったいない。

自分の事、好きだって思えない時もあったけど(いや、今でもあるけど)

この、負けず嫌いで強気な性格、悪くないんじゃないかって最近思います。



大掃除以前

今日はいい天気。久し振りにやる気モード全開

でとりあえず、昨日に引き続き、不用品の整理。

私はなかなか物が捨てられないタイプである。
何かに使うかも・・・
一応とっておこうという類の物が結構ある。
整理整頓が苦手な原因もここらにある。

今日は気分もいいし、思いきっていらない物は捨ててしまおう絵文字名を入力してください

月曜日が今年最後のゴミの日だし、一気に片付けてしまえー!!


押入れの中、整理箪笥のなか 

あるわあるわ、不用品の山!!


包装紙、紙袋から始まって

子供が図工で使うかも・・・ととっておいた空き箱類、

去年のテスト類、作品類(これはすてるの微妙よね・・・というわけで子供がどうしてもという物以外はデジカメでとってからポイ)

小さくなった子供服、
結局着ない私の服・・・

布の切れ端、ずっと眠っている毛糸・・・。古い雑誌(読みだすと止まらなくなりそうなので我慢して表紙を開かずまとめる)


すっきり~!!


しかし、うちの不用品の占有率すごいわ~

これじゃ、どんなに広い家だってすぐ狭くなるわ~


よし!!
これからは 不用品はすぐに捨ててしまおう!

と固い決意をした私です。

心のモヤモヤもね絵文字名を入力してください


引っ越してきてまだ1年だぞ

クラス便り

書類の整理をした。
学校からのお便り類なども不要になったものは処分していかないとどんどん貯まってしまうから。

中学のお便り。
私が週一回、担任の先生に会った時に受け取る。
正直、ろくに目を通さずそのまましまっていた。
整理するにあたって クラス便りに目を通す。

そこには…
ちょうど音楽会に向けての子供達の様子が綴ってあった。
何度も話し合いを続け、クラス一丸となって取り組む事を確認した事。
家で必死に練習する子、朝早くから来て練習する子がいる一方でその子達の気持ちに気付かず、部活があるからと練習に顔を出さない子、練習している仲間の前で家でやるはずの宿題をやってる子、ふざけてばかりいる子…。

次のお便りには
ついに揉めた事。
先生もついに
君達には人の気持ちがわからないの?

と言い放った事。

自分達はステージに立つ資格はないと言う子が出てきた事…。

そして、

最後には。

一からみんなでやり直し、力を合わせ、なんと金賞をとった事。

まるでドラマだ。

手紙を読みながら感動した。

そして…。
ここに長男がいない現実。
集団生活の中でしか学べない数々の事を彼が学ぶ機会はあまりに少ない事への不安。

焦ってはいけない。
何度も自分に言い聞かせてきた言葉。
また 言い聞かせる。

いつか、ちゃんと立ち上がる。
安心して飛び立てる場所になろうと決めたんだ。
大丈夫。
彼と…私を信じていよう。
今私に出来る事。
私が出した答え。

きっと間違っていない。



毅然と


2008_122320080016_convert_20081224200157.jpg まつぼっくりツリーby三男


先日、三男の野球の練習の迎えに行くと
監督が子供たち全員並べて話をしている(説教)とこだった。

どうも、紅白戦をしたのだが、負けた方のチームの中で
エラーした子を責める発言を何人かがしたらしい。

「誰かがエラーをしたら その分取り戻せばいい。それがチームだ!エラーした奴も悪いがそれをフォロー出来なかった奴らも責任あるだろ。一人がエラーしたら負けるわけじゃない。
負けたのは全員の責任だ!
勝ち負けにこだわるのはいい、だけどその責任を一人にかぶせるような事は絶対するな!!」


その日の夕方、総会があり

「自分は野球の専門家なんかじゃなく、みなさんと同じ一保護者でしかありません。
普段、普通に仕事をしている父親です。
大学の頃にやった程度で技術的に子供たちに教えられるものはないかもしれない、
ただ・・・人間としてやっていいこと、悪いこと。礼儀などはしっかり教えていきたい。
いじめに通じるようなことは絶対見逃したくないと思っています。
皆さんも、自分の子、人の子に限らず、このチームの子として悪いことは悪いと叱ってください。
それによって 叱られた子の親が文句を言うということはこのチームに限ってはありません」

と話された。

スポーツなどをやっていていいことはこういうことだと思う。
今はよその子を叱るという人は少なくなってきた。


長男が小学1年生の時、お友達のお母さんに誘われて私も一緒にその子の家に遊びに行った時、
私が座っていたら何かをするのに邪魔だったらしく、その子が私に向かって

「どけ、ばばあ」と言った。

小学1年生のその子の言葉使いにも驚いたが(今は生意気な長男もその頃はかわいいもんだった)
もっと驚いたのはそばにいるお母さんがヘラヘラ笑ってることだった。

ふ~ん・・・
知らん顔していたら当然

「ばばあ、邪魔って言ってんだろ!」ときた。

「あら?もしかして私に行ってるの?」

「そうだよ」

「おばちゃんは ばばあじゃないし、そんな言い方されたら気分悪いからどかない」と言ってみた。

「どけよ!ばばあ!」

「やだよ」

これを何度か繰り返し、最後に

「○○君のお母さん、ちょっとどいて」と言ってきた。

私の勝ち~!!

「はいよ(^^)」 笑顔でどいてやった。

別にその子の口の悪さを直そうと思ったわけじゃない。
ただ人の気持ちというものを教えたかった。

小さいからいいじゃなくて 小さいうちから ちゃんと言ってあげたかったのだ。



長男に問題行動が起き始めた時、
私だけが知らないことがいっぱいあった。

わかった時、一緒に行動している子の親たちに

いけないことはいけない、親同士しっかり結束していきましょうと何度も話した。

でも結局その後も言われるままに金を与え、言われるままにゲーセンに送って行き、言われるままに私には内緒にしていた。

暴力も含めて、すべてが発覚した後

思わず長男に

あの子たちもおかしいけど、親たちも変!そう思わない?

と言ったら、

うん、Aの親は一応ダメっていうけどAが強くいえばAの言うことが通る。
Bの親は・・あれは優しいというより言いなりだな

子供は見抜いているのである。

普段、私もつい負けてしまうこともあるが

やっぱり、ここは譲ってはいけないという場面では大人は毅然としなきゃいけないと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         私にもクリスマスプレゼントが届きました


       2008_122320080027_convert_20081224201148.jpg

サンタさん、ありがとうハート




健全!!

なんとか年賀状はOKですほのぼの
今年はパソコンで手作りしたんだけど
宛名は手書きにしました。筆ペンで。
印刷ミスがあると困るので。

やらなきゃいけない事が一つでも終わると肩の荷が少しおります。

今日出来なかったことより今日出来たことを考えるようにしています。
そうすると もっとやる気がでてくるから不思議。

小さなことでも達成感を味わうといいかも。

そういえば何かの本で(なんの本か忘れました汗・木崎
毎日、スリッパをそろえると決めて実行する、たったそれだけの事で驚くほど自分に自信がつく
と書いてありました。
人間なんて結構そんなもんかもしれないですね。
子供にも使えそう!


さて
クリスマスですね。
昨日今日でやってるお宅も多いのかしら。

先日、長男が施設の友達に誘われて その子の家へクリスマス会をしに行ってきました。
中心になっているのは中3の女の子(その家の子)
小学3年生~中3の男女。
ゲームは持ち込み禁止。
500円前後のプレゼント。(プレゼント交換用)
ビンゴ、食費(夕飯を子供たち手作り)として500円会費。

とっても健全!!

よくよく考えてみると、
子供会とか何かの行事で大人がお膳立てしたものに参加はしていたけれど
こんな風に子供だけで こんなに健全な会をしたのは
はじめてです。

前住んでいたとこの学校はもめ事の原因になるからと
誕生日会などは禁止。

低学年のころはともかく、高学年になってからは
友達関係に問題ありで
ゲーム、カード(取ったとられた、交換したしないでよくもめた)
私の知らないところでゲームセンターに入り浸り。
買い食いなど とてもじゃないけど健全とはいえなかった。
ここにはとても書けないこともね。


夜、迎えに行って
楽しかったんだなとわかる笑顔を見たときは
なんだか すごく嬉しかった。
前より幼く見える長男。
きっと今の彼が本来の彼なんだなと思う。


いろんなことがあって、私も長男も1からやり直し。

あのとき引っ越しを決めたのは正解だった、と思った。




応援クリックお願いします絵文字名を入力してください




ブログ技

      2008_122320080027_convert_20081224201148.jpg

自身と向き合う

生きていると日々、色々なことがあります。

楽しい事、嬉しい事、腹立たしい事、泣きたい事。

誰でも苦しいことからは逃げ出したい。

でも、向きあわなければいけない事もある。


生きているとはそういうことだと思う。

子供に問題が起きたとき、

怒り、悲しみ、不安、迷い、自己嫌悪・・・

口では言い表せない様々な思いを味わった。


だけど、その中で一番苦しかったのは

自分自身と向き合うことだった。


気付かないうちに 世間体やら見栄やら様々なものから自分自身を守ろうと必死になっている自分を知った。

確かに子供を思っていた。

でも、心のどこかに ダメな親だと思われたくないという思っている以上に強い感情が働いている事を知った。


子供を受け入れるということは そういう自分を受け入れるということである。

それを すべて取っ払い、本当に大切なものが何かをみつけるには

弱い自分がいることを自分自身認めなければならない。

子供に限らず、何かと真剣に向き合うとは本当の自分と向き合うということである・・・。


私にそれが出来た時、子供の心が見えてきた。


そうして 思う。

ああ、この子が教えてくれたんだと。


これから先、まだまだいろんな感情を味わうだろう。

苦しみ、やるせなさ、悲しみ。

でも、逃げたりしないで、しっかり味わおう。
涙をながしても そこから1歩踏み出していこう。

そうすれば幸せがもっと味わえるだろう。

そうやって自分とちゃんと向き合う姿を子供たちに見せていきたい。

乗り越えられないことなんてないはずだから。




ランキングに参加しています










頭と家の整理整頓

やっぱり暮れは忙しいですね。

何が忙しいって一番は“気”です。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ!!

頭の中めちゃくちゃです。

前にも書きましたが、やる事が多すぎると
何かをやりながら、別の事が気になって
色んな事に手を出しすぎて 結局すべてが中途半端になってしまうダメな私です。

気が多いのかしら・・・?

おまけに 子供の送り迎えやら、日常の家事やらがあって
すきま時間はけっこうあるのに まとまった時間が中々とれない・・・

平日みんな普通に学校でも施設でも行ってくれたら少しは楽なのに・・・

な~んて言っていても仕方ないので


やらなきゃいけない事、ぜ~んぶ紙に書き出してみた。

年賀状を出す、何処と何処に支払をする。レンタルDVDの返却日、大掃除の予定、新年会の出欠の

返事の期限、学校の予定、作らなきゃいけない書類からバイトの打ち合わせ、連絡欲しいといわれて

る友人、庭の片付け、大物の洗濯、食材のまとめ処理、買わなきゃいけないもの、はてはゴミの日ま

で(ここ、可燃物はさすがに曜日が決まっているけど、不燃物、ペットボトルと空き缶類、資源物、電球
などの日が、それぞれ月1で日にちも曜日もバラバラなの・・年度初めに配られるカレンダーを見てださなきゃいけない・・・)


それを、日にちが決まっているもの、2・3日中にやるもの、今週中にやるもの、今月中にやるものに分けてね、終わったものから消していくようにしてみた。


一つ終わると達成感。

家の事って優先順位がつけにくかったりするじゃない?

掃除とかって他の事があるとつい後回しになっちゃうし(私だけ?)

でも、いつも散らかった部屋にいるのってストレスだし、他の事やったとはいえ、なんか家事をさぼっているような気になっちゃうのよね。

だから1日1か所でも強制的に組み込んでしまおう。

1か所ならいそがしくても出来るから気持ちが楽。
気持ちが楽になると予想以上に進むから不思議よねー


そう、私掃除、整理整頓苦手なの。


来年は片付け上手な主婦をめざそう!!


頭の中もね・・・。









サンタの仕入れ

ジャスコにクリスマスプレゼントを仕入れに行ってきた。
次男と三男のゲームソフト。(三男のゲーム機は悪いけど却下。ごめんよ~)

長男には中学生にはもうサンタは来ないと言ってあるので
あとで一緒に買いに行く予定。(うまい棒?)

ホントは売り切れも心配だし、もっと早く・・・と思ったのだけど
20日はジャスコ!5%引きなのである。
やっぱ、少しでも安くあげなきゃね~。でこの日を待っていた。

おもちゃ売り場。
同じ考えのサンタがたくさんいた。

土曜日のおもちゃ売り場、いつもなら子連れが多いが
今日は大人だけで来ている人が圧倒的。

電話で奥さんに確認をとる父さんサンタもそこらここらにいる。

みんな苦労するのよね、サンタへ何をお願いしたのか聞き出すのに
一苦労し、目当ての物を見つけ、買って隠しておかなきゃいけない。


長男が1年生くらいの時、ぎりぎりになって 顕微鏡!と言われ
何処捜しても見つからず、友達がもう使わないという古いやつをもらい、

サンタのおじさんが使っていたのを君にあげる。大切にしてね

なんて手紙をつけた事もあったな~

ははは・・・あの時は苦しかった!

お願いしたものを 内緒となかなか教えてくれなくて困ったこともあったな~

実はお母さんがサンタさんにお手紙かいてお願いしてるのよ~
わからないとお手紙かけないよ~

とこれまた苦しい言い訳して聞き出したり。


お金を使い、気を使い、ホント、サンタは大変だ~ santa_d02.gif






不登校~存在~

長男の担任の先生との面談。

今回は通知表も渡された。
前回と同じく評価はついていない。担当の先生方からの丁寧なメッセージ。

クラスの女の子が

何かの時、クラスみんなでとよく言うけど〇〇君(長男)がいない。一緒にいないという淋しさもあるけど、それ以上に私達が4月からしてきたいろんな経験を〇〇君だけが出来なかった事、かわいそうと言うか残念だなと思う。

と言っていたと教えてくれた。

先生は〇〇君は学校へ来ていないけど だからこそと言ったらなんだが、クラスの子の心をその分成長させてくれている部分があると。

これは先生がいつ戻って来てもいいようにクラスの子に長男の存在を意識させてくれていたからだろう。

てっきりクラスの中ですかっり存在のない幽霊になってしまっていると思っていた私は

ありがたさと
なんとなく申し訳ない気持ちと
そして…軽いプレッシャー…

でも今回はありがたいという思いだけ残しておく事にした。

長男の通う中学は1年生から2年生に上がる時に一度クラス替えがある。
つまり今度のクラスが卒業まで続くということだ。だからクラス決めもいろんな事を考慮して慎重にやるらしい。

最近、学年では火遊び(学校でじゃないが、スプレー缶が爆発する事態かおきたらしい)、喫煙、盗難騒ぎなど問題が起こっているらしい。

もちろん、複数の子供なので全員という訳には行かないが、もし長男が登校した時の事を考えて
変に誘われたりしないように主犯格の子とは同じクラスにならないように配慮してくれるという事だ。

長男が登校する…
今はその姿が思い浮かばない。いろいろと配慮して貰っているのに
長男は今学校は自分とは関係のない世界だと思っている。

今はそれでいいと思う。

ただ親としては
やはり色々な可能性(登校も含め)を考慮しておいた方がいいだろう。

本人がどんな選択をしても対応出来るように。その時慌てないように。

私は長男のおかげで以前より視野が広くなった気がする。

将来の事、まだ何も見えない。
私に出来るのは応援体制を整えて
本人が決めるのをただ待つだけである。


不登校・男の子の育児

瞑想

.にゃお美さんのブログにあった瞑想をやってみた。


船出。新しい旅立ち。

何を持って行きますか
  パソコンといつか時間がある時に読もうと思っていた何冊かの本

甲板から見えるもの
  水平線から昇る朝日

部屋には何がありますか

  小さなテーブルと小さなベット

誰か一緒にいますか、誘ったけど来なかった人はいますか
  一番信頼している友人と一緒です。他は誰も誘っていません

浸水してきた時捨てるもの  
  1番大切な本とパソコン以外の荷物すべて

絶対助かるボートに乗せる人
  一緒に来た友人、その他そこにいて乗りたいと望む人すべて

無事助かった。この旅を終えて思うこと
   私が生き残ったということは まだ何かやるべきことがあるに違いない。
  それに向かって歩いて行こう


・・・・・・この結果から見えてくるのは何だろう?

これをやっていて以前、友人から似たようなものを教わったのを思い出した。

時間ある人やってみて!


あなたは公園を歩いています。
その公園には広場があり、何かのモニュメントがあります。
それはどんなものですか

そのモニュメントの下に木の箱が置いてあります
中に何が入っていますか
形のあるものでもないものでもかまいません。大きさも自由です。

進んでいくと目の前に水辺がありました。
どんな大きさのどんな水辺ですか

あなたは水辺の向こう岸へ行きたいと思います。
どんな方法で渡りますか
周囲には使いたいものは何でもあります。
何かを使っても使わなくても、突拍子のない方法でもかまいません


思い浮かびましたか?

解釈はこちら
 絵文字名を入力してください
                                   



いろんな角度で

今、小学校のなかよし月間です。

次男のクラスでは 一人一人違うであろう友達や自分の性格、またその見方について
話しあったりしたようです。

欠点だと思っている事も味方をかえると長所であることがあります。

例えば・・・・


甘えん坊→人に可愛がられる、人を信頼している

怒りっぽい→感受性豊か、情熱的

口べた  →言葉を選ぶのに慎重

強引   →みんなを引っ張る力がある

優柔不断→じっくり考える

負けず嫌い→向上心がある、頑張りや


などなど・・・・


それを好い事とするのも悪い事とするのも
自分の考え次第ということですよね。
性格に限らず、物事すべてにおいて。


コンプレックスもそれを決めているのは自分。


いろんなこと、結局は自分との戦い。


自分に自信がなく、落ち込んだ時、こうして置き換えてみるのもいいかもしれない。

案外 イケてる自分に出会えるかも?


子供にも

再び・・・・

あのですね・・・

前にねずみの記事を書いたんですが・・・

やはり

家族がいらっしゃいましたー一応目があきながら泣いている

nezumi.gif     nezumi4.gif    nezumi.gif



あの時、結局無駄になったねずみホイホイ


とりあえず 台所の隅においておいたのですが

見事1匹かかっており・・・

その後、長男が

さっき、ねずみが食器棚の後ろに入っていったよ。


い・いったい何人家族なんだ?

もしかして大家族ですかー?


物音がするたび ビクついちゃうよ~



猫でも飼う?neko02.gif


とりあえず ホイホイ 置きまくってますが・・・・


なんかいい方法ないですかー?くやしい


助けて~          

ブーム

長男がかなりの偏食であることは前にも書いたが

これ と思うとそれを食べ続けるという習性もある。


施設へ通いはじめた頃、弁当はサンドイッチにしてくれと言われ、
ある日カツサンドをもたせたら はまってしまい2か月くらい毎日カツサンドだった。
他のものを持たせると一口も食べて来ないのだ。
そして帰ってから夕飯前に食べまくり、夕飯は食べず、遅くなってからラーメンなどを食べるということになるので(残りものを食えといっても無駄)
いいやと思いカツサンドを持たせ続けた。先生は私がよっぽど料理が苦手なんだと思ったに違いない。2か月くらいでようやく飽きたらしく
カツサンドの日は終わりを告げた。


6年生の荒れてた時期はセヴンイレブンのカルビフランク。
友達におごってもらったり 私からくすねて買っていた。


そして今はまってるのは・・・・
サバの水煮缶。

うちでは缶詰ってツナ缶かコーン缶くらいしか使っていなかったのだが
たまたま安売りで買ったのをおかずが足りなくなった時にだしたのがはじまりである。

今ご飯のたびに

サバ缶ある?

と聞いてくる。

なくなると明日買っといてねとリクエスト。

ない時はご飯が進まない。

面白いので、いつまで続くか観察中。(すでに10日くらい経過)

いつか野菜のブームが来ないかしら・・・?



話は違うが私は風邪をひいたらしく喉がものすごく痛くてだる~い。
今日は早く寝れるといいけど!!


不登校・男の子の育児ランキング

しめ縄

今日は午前中子供会のしめ縄作りでした。

子供だけでは大変なので親も出来るだけ参加して下さいとのことだったので行ってきたのですが・・・

会場へ入ったら
あら~。お父さんばっかり!
お母さん私だけ・・・

一応旦那には行けないか聞いたんですよ。

無理、

一言で却下。

なので長男をいつもより30分早く送り届け、次男三男と共に行ったんです。


さて、私しめ縄なんてもちろん作ったことありません。

でも、まあ子供にやらせるんだから ていねいに教えてくれるんだろうとタカをくくっていたのが
甘かった!!


ちょっと 指導にきていた年寄りが

作り方   ではなく

上手に作るコツ  を話して

まあ毎年のことだから 皆さんご存じでしょう、さあ(勝手に)はじめて下さい。


は?
何をどうすんだ?

みんなのを盗み見て

近くのお父さん(全く知らない人)に

これくらいのわらの量ですかね?

聞いてみる。


量はお好みですから。


はあ・・・。


はじめてなので 全くわからないんです~


泣きついても


私も忘れちゃいました

と言いながらちゃんと作ってるー!


いろんな人に細切れで聞きながらやってみるけど

ボロボロ・・・。


結局、最後まで出来ず、

みんな終わってしまっている中、私たちがいて片付かないので

一人きて1本作ってくれ、

少しして格闘してる私を見かねて別の人がまた1本、

という具合に少しずつ、何人もの人に結果的にすべて作ってもらった!

おいおい・・・子供だけならどうなったんだ??

みんなは昔からやってるんだろうけど・・・

ありがとうございました!助かりました!

とにっこり笑って帰ってきたけど・・・疲れた~

来年は絶対旦那に




個人懇談

今日は小学校の個人懇談でした。

まず次男。
休みがちな事について。
先生が見た様子では 特に友達関係や勉強その他で問題があるようには見えないということです。
学校では友達とも普通に遊んでいるし、得意な教科では発言もよくしているらしい。

ただ、先生としても100%把握しているわけではないので、絶対とは言い切れないけど・・・
と言うことです。

先生としては ほら行くぞ!と迎えに来たいとこだけど
それがはたして正しいのかはわからない。
次男が、心の中で問題を抱えているのか、それとも家にいた方が楽ということなのかが
わからないからです。

ただ先生は私と先生がしっかり協力していくことが大切で
ここの信頼関係が切れてしまうと
お母さん(私)の悩みが増えてしまうし、次男にとっていい方向に進まないと思うので
相談し合いながら 次男にとって1番いい方法を考えましょう と言ってくれました。

そして・・・お父さんはどうですか、お母さん一人で抱え込んでいるのではないですか、と・・・


その後、三男の方。
こちらはなんの問題もなく
子供らしい、元気で前向きでクラスでとてもいい存在ですよと。

そして長男のことや次男のことを三男の先生もたぶん知っていて

三男が頑張って学校へ行ったりいろんなことに取り組む姿がお兄ちゃんたちにきっといい影響を
与えてくれますよと。だからお母さん頑張ってと・・・

帰りに車の中でなんだか知らないけど泣きそうになりました。
悲しかったわけでも悔しかったわけでもないのに。

自分でもわからない感情があふれそうだったのだと思います。

なんだかね、ピンと張っていた気持ちがわずかに緩んだのかもしれません。

明日もまたとりあえず笑って過ごせるように
今はみんなの体が健康であることに感謝して
~今はそれで充分だ~

子供をゆたんぽがわりに眠ります。

おやすみなさい


明日も元気に

信じる

何とか適当に(?)掃除を済ませ、
無事に母がやってきた。
食事の後かたずけはやってくれるし、やっぱり楽です。


さて、最近の長男。やっぱり平日は休みがちです。
それにつれて夜も遅くなってきた。
そして昼近くまで寝ている・・・。
起きればゲーム、DVD、買い物連れて行け攻撃・・・。

良くなったりもとに戻ったりを繰り返してる。

親として不安にならないと言ったらウソになる。

学校や施設云々というより
生活態度。


だけど。
いろんなことがあった中で私が思ったこと。

それは彼の人生の脚本を書けるのは彼しかいないということである。

いくら親が安全な道、歩きやすい道を教えても

その道を歩くか歩かないか決めるのは本人である。

心の痛み、転んだ傷をかわってやることも
何が幸せかを決めることもできないのだ。


放っておくのではない。
見守るのだ。

何があっても味方でいてやる事。
その存在を受け入れること。

異議を唱えてもいい。
ただ どんな時も愛してると伝えること。

それが大事なんだと思う。

答えを見つける・歩き出す。
その時は必ずくる。

なにがあっても見方でいてくれる人がいる、
自分を受け入れてくれる人がいる。

子供じゃなくてもそれは大きな大きなパワーになる。

そう信じたい。

不登校・男の子の育児


母と娘

明日ばーちゃんが来る。(私の母上)

明後日とその次の日の晩、私にバイトの話があり、旦那も夜いないので
来てくれることになったのだ。
今ピンチだし・・・。

助かる、とっても。
でも 大変だあー!!

何がって?

片付けとかなきゃ!!




母は私をとても可哀そうに思ってる。


19の時に家を出て結婚するまで親の手を一切借りずにやってきた娘が(家出したのだから当たり前である)

結婚してから1度たりとも生活が楽だったことはなく
それでも自分に頼ることなく、昼夜働いてなんとかなっていた生活。

旦那は転々と職を変え家事いっさい協力なしの中、子供に問題が起き
仕事を辞め、自分を頼るしかなくなった娘をとても気の毒に思っている。


こう書くととてもけなげに見えるかもしれないが
家出したのは私の勝手なわけだし(逆に母をとても苦しめた)
働くのは嫌いじゃない。

頼らなかったのは私がそれをよしとしなかったからだ・・・。

でも親にしてみたら 不憫に思うのだろう。

で、子供に何かあると母親は自分を責めるものである。

母も心のどこかで自分を責めている。
(家出したのが父のアル中と関係がまったくないわけではないから・・まあきっかけは全然違うものだけど、家を早く出たいという気持ちはあったので)

それと片付けとどう結びつくのかって?

つまり・・・

母はうちに入った瞬間からやり残しの家事を見つけ、

忙しくて出来なかったのね、かわいそうに・・
みたいな雰囲気になるのだ。

これは あら~こんな事もしてないの!と言われるより
きついです。

ただ、ちょっとさぼっただけですよー

なのにかわいそうにとこられたらねー。

ほんの半日回覧板を放っておいただけでも
早く回さないと!
とうるさい母。

11月に入れば電話のたびに 年賀状用意した?忙しくて時間ないの?

ははは・・・
すいませ~ん。私しっかりしてるように見えてもずぼらなんです~
可哀そうなんじゃないんです~
39歳の娘の本性気付いて~

私がいくら いや~ちょっとさぼっちゃってと言っても

また、私に心配かけまいとして・・・って。

何だか責められてるような気になります。

ちゃんとするから 勘弁して~!!


どこから手をつけよう?

人のせい?

私の知り合いに
なにかにつけてうまくいかないという人がいる。

最初のうちは結構親身になって話を聞いていたのだが

段々とうまくいかない訳がわかってきた。

結局その人はなんでも人のせいにする人だったのだ。

あの人が気をつかってくれないのがいけない、
こうしてくれなかったから・・・、
あんな事言うから、
私を認めてくれないから・・・


はは~ん
これではうまくいかない訳だ。

もちろん私だってそう思うこともある。

だけど、何処へいっても、何をしていてもそう思うなら
やっぱりその人自身の問題だろう。

世の中には2種類の人間がいる。
何かあった時にそこから何かを学びとれる人間と
人のせいにして、運がない、自分はかわいそうだと思うだけで終わってしまう人間と。

前者はどんどん成長するが、後者は何年たっても変わらない。

この人は何を言っても多分ダメだろう。

そう思いながら、悩んでる彼女を放っておけず(おせっかいだ)

こんな風にかんがえてみたら?

などと言ってみた。

思った通り、しおらしく聞いていた彼女は
影で私の悪口を言っていた。

多分そうなるだろうと思っていたから別に傷つきもしなかったが

彼女を可哀そうだと思った



矢印下



次男

今日も次男は登校を渋った。

確かに風邪ぎみではある。金曜日は調子悪いと言って欠席した。

しかし・・・
土日は元気で夕べも遅くまで兄ちゃんとゲームをやっていたのである。

夕べ遅くまでゲームやってたから眠いんでしょ?
ダメだよ、そんなんなら本当にゲーム取り上げるからね!

すったもんだの挙句、半ば強引に登校させた。

でも・・・

私の中に不安がよぎる。

本当にゲームのせいで眠いだけなら 今朝の対応でいいだろう。

だけど・・・

彼は以前も登校を渋ってた時期がある。

そのころは長男がかなり荒れていた時期で私はそっちで頭がいっぱいだった。

学校へ行ったり行かなかったりの長男につられているのだと思い込み、

次男までそんなになったら困るとしか考えられず、

怒鳴って無理やり行かせていたのである。それこそ引きずるようにして。


それでも欠席は多かったが。


今のところへ引っ越して、
長男の事も落ち着いて(私が長男の不登校を受け入れたら長男の精神状態はみるみる安定していった)
少したった頃、次男の口から以前の先生からひどい扱いを受けていた事を知ったのである。


その事が今でも私の頭をよぎるのだ。
とてもかわいそうな事をしてしまったという後悔。

今度、何かあったら必ず言うと約束はしてくれた。

だけど本当に言ってくれるだろうか。


あの頃、確かに長男の事で手一杯の私にはいえなかっただろう。
今なら・・・


けど、その時の次男も
友達から暴力をうけていた長男も
私に言わなかったし、


私自身も子供の頃、、つらいことがあっても親には言わなかった。

それを思うと不安なのである。


学校に関しては長男のように
行けないのなら それでもいいとは思う。

ただ、遅くまで起きてたからとか なんとなくめんどうだからとか
そういうことでは よくないと思うのだ。
それもしょっちゅうになってくると・・・


でも、もしも何かあるのなら・・・


親ってせつなくて、迷ってばかりですね。

結局、彼を観察するしかなさそうです。

私にできるのは 私自身が彼らの精神的な安全地帯になってあげる事だけですね。


不登校・男の子の育児

金欠!!

この前、区費の集金日でした。

後期の分、14200円。

高~い!!

前のとこは前期・後期合わせても7500円位だったのに。

やっぱり、田舎は(前のとこも田舎ですけどね、今は更に)人が少ない分、割り当てが多いのかしら?


今日は長男の施設の大掃除でさっき帰ってきたとこなんだけど
ほら、よくあるじゃないですか、運営資金にあてるので できたら買って下さいと物を斡旋するやつ。
で、食品を4000円・・・
まあ食べのでいいのだけど。お世話になってるしね、特にうちは平日もだから。


そして今月はクリスマスもあるし、それすぎたらお年玉・・・。

いや~

お金がな~い!!

去年まではこの時期私の仕事忙しかったんで収入もまあまああって
それでもギリギリだったのに
今年は仕事してないのでホント ピ~ンチ!!


中学生はもうサンタ来ないよ

長男に言ってみる。

もちろん、奴はサンタがいないことなど とっくに知っている。

うん、でもお母さんがその分買ってくれるんだよねー

不適な笑み・・・

そして弟たちに聞かれないように小声で

お金ないからって俺だけなしはないだろ?


だってえ・・・ホントにないんだもん!!

しかもですよー
三男に サンタさんに何頼んだの?ときいたら

元気よく  DSI !!

え?・・・

近所の店で見てみたら 18800!!!

DS liteがあるじゃな~い

でもさ、こんな事もあんな事も出来るんだよ!と目を輝かせる。
母意味不明・・・


サ・サンタさん わからなくて他の物くれるかも知れないよ~

そんなことないもん!いい子にしてるもん!だから欲しいもんくれるんだよ

た・確かにあんた いい子だけどさ・・・

あはは・・・

どうすんのよ~!


長男に 

ちなみに何欲しいのよ?

ときいたら

う~ん・・うまい棒、300本で手を打つよ、3000円だからいいでしょ。

こいつも意味不明。


私がサンタさんに来て欲しい!!

このさい ねずみ小僧でもいいからさ~


恵まれない私に愛の手を~!!

絵文字名を入力してください





ご褒美(^^)

いよいよ冬タイヤに代えなきゃ!!

いつドカーンと降るかわからないし・・・

というわけで次男、三男に手伝わせ(長男は今日も施設)タイヤ交換をした。

   2008_120520080001_convert_20081206192151.jpg


                   2008_120520080002_convert_20081206192242.jpg


                                   2008_120520080003_convert_20081206192336.jpg


途中通りかかった近所のご主人に

「旦那さん、やってくれないの?」

と聞かれ

「仕事が忙しくて・・・」

と苦笑い。

今朝、

 そろそろタイヤ交換しなきゃ

と言った私に

 おおー早く代えとけよ

といつものごとく人事の旦那。

頼む気にならない・・・それがいけないのだけど。


邪魔なだけかも、と思った次男と三男でしたが、

なんのなんの、タイヤは運んでくれるし、ネジははずしてくれるし(一緒にね)

けっこう役にたってくれました。

男の子はこういう時、便利ですHEARTRose


どっちがやるか喧嘩したり、時間かかったりしましたが無事終了!!


スタンドに頼めば  500×4=2000

それを子供へのお駄賃 120×2=240(缶ジュース代)

で済ませた私はえら~い!!


そんな私に長男を迎えに行った帰り道 買い物して帰ろうといつもと違う道を通ったら・・・

素敵なご褒美が待ってました
z

下矢印
                                   

読み聞かせ



          うちのポケモン大集合



前の小学校では朝の読書の時間、年間を通して保護者が交代で本の読み聞かせをしていました。


低学年は簡単な絵本を2・3冊。または紙芝居など。


問題は高学年です。

ある程度、内容のあるもので、短すぎず、長すぎず、他の人とダブらない絵本を探すのって結構大変です。

長男が5年生の頃
図書館や本屋でさんざん迷ってみつけたのが たいせつなきみ (マックス・ルケード  という本。

 

これは木の小人たちが他の小人たちに金のお星さまシールや灰色のダメシールを貼りあって暮らしているお話です。ダメシールばかり貼られているパンチネロと言う小人がある日 どちらのシールも貼られていない小人に出会います。彼女は小人たちの創造主であるエリに会うことを勧めます。

エリは  シールを貼ったのはパンチネロと同じ小人であること、シールがくっつくのは自分がどんなシールがもらえるかを気にしているからだということ、そして自分がこの手で作ったおまえがとても大切なんだということを伝えます。

 

大人の私もハッとしました。

小学生には難しいかなと思ったけれど それぞれ何かを感じてくれた様子でした。

 

読み聞かせっていいですよね。

昔から知ってるおとぎ話でも、大人になって子供に読み聞かせてると新たに感じることがあったりして。

 

子供が複数いたりすると中々忙しくてあまり読んであげられなかったりするし、

自分で読めるようになってくると つい

自分で読みな

なんて言ってしまったりするけど

ゆうべ 久し振りに三男が本読んでと言ってきたので読んでいたら

そこにいた次男や長男も なんとなく 聞いていて・・・

なんかうまく言えないけど いい時間でした 

 

     


 

 



不登校・男の子の育児

季節はずれの・・・

皆さん、霊感とかってあります?

前の記事に頂いたコメントの中で

憑依体質、霊感という言葉で思いだした体験があります。

私は霊感は特になく、金縛りなども未経験なんですが、
一度だけ、霊体験(たぶん)があります。

それは確か 中学2年生の時だったと思います。

夜寝ていた私の足を誰かが掴むのです。

そんなに強くではありません。でも、しっかりと。

無意識に伸ばしていた足を引っこめると

スっと手が離れます。

また伸ばすと

きゅっと掴む。

寝ぼけながら

お母さん、なによー

と言っても返事はない。

段々頭がはっきりしてきて気がついた。

ここは私の部屋。
いるのは私一人。

え?お母さんじゃない!!

足を伸ばしたり引っ込めたりしてみる。

気のせいじゃない。 私が足を伸ばすと誰かが掴む。

思いきって立ち上がり電気をつけた。

・・・誰もいない。

なんだったんだろう

と思いながら 掴まれた足をながめる。

そこには しっかりと爪の跡がついていた。


これが 後にも先にも唯一の体験です。

なんだったんでしょう?

ちょうどね、お盆の時だったんですよ。

もしかして おばあちゃんでも会いにきたんでしょうかね。


なんか また子供と関係ない記事になってしまいました。
たまには こんな話でもいいですよね。

皆さんもなんか体験、あったら聞かせてくださいねー

季節はずれだけど・・・

下矢印

その気になる

私はすぐその気になる。

若い頃からカラオケに行けば アイドルになりまくり
極道の妻たちを見た後は気がつけば肩で風を切って歩いている。

ようするに単純なのである。

でも、これは結構使える。
うまくいかない時はロッキーになりまくり (注 決してヒラリーではありません)
 絶対負けないぞー!!
という気になり、

夕飯作るのめんどうな時は一流シェフになったつもりで
逆に手の込んだものに挑戦したりするのだ。


子供たちにも最近は

すごーい!○○みたーい!

などと言ってみる。

私と一緒で三男はすぐその気になる。(小さいからか?)

次男も ははは(笑)この俺様にかかったら当然さ! 
と、ちと行きすぎだが効果あり。

長男 馬鹿じゃねー。こんなの出来て当たり前。全然すごくない。
んー。やっぱ こいつはそんな単純じゃないか?

だってお母さん出来ないもん。この天才の母ちゃんが出来ないこと出来るあなたはたいしたもんよ。

はいはい。

冷めたふりしてるけど
その顔、おぬし、まんざらでもないな。

いいじゃんね、おバカな家族でも。



ただ一つ気をつけなければいけない。

時々悲劇のヒロインになり切ってしまうのだ。


不登校・男の子の育児
FC2 Blog Ranking

よくわからないけど・・・

昨日の夕方、空が笑ってた


2008_120120080003_convert_20081202184405.jpg




今日の夕方、困った顔してた


2008_120120080006_convert_20081202184507.jpg


写真じゃよく(全然?)わからない汗

でも、本当に可愛かった。
(ちなみに目が星で口が月


冬は寒い。
でも、★がとっても綺麗。(田舎だから?)

物事にはいろんな面があるけれど
私はいいところを感じる心を持っていたい


FC2 Blog Ranking

学校

今日は担任の先生との定期連絡の日でした。
先日行ったというテストの用紙などをもらい、長男の様子などを話してきた。

長男が学校に行かないのがなんだか私の中で普通の事になってきている。
テストか・・・
全く勉強していない長男を思い、ちらっと不安がよぎる、一瞬だけ。

今月は個人懇談がある。
まぁうちの場合は長男は行けないだろうし、私はこうして毎週のように先生とは会っているので
一応枠には入ってるけど その時に無理に行かなくてもいいそうだ。

その個人懇談ではクラス替えに伴う希望(どうしても一緒のクラスにして欲しくない人だとか)などを話し合い、通知表を渡されるそうだ。

一学期も全く行ってなかったが一応通知表は出された。
全く行っていないし、もちろんテストも受けていないので評価はつかない。
各学科の項目に 授業でこういうことをやりました、とか
一緒に勉強したいです、など それぞれの先生からのメッセージが書かれてあった。
たぶん今学期も同じだろう。

何だか別世界の話だ。
なにもかもピンと来ない。

ちょっとだけ 取り残された気分。

何とか学校に行かせなければとやきもきし、あがいて苦しんでいたのが遠い昔のことのような気がする。

あの頃は毎日が怒鳴り合い。
怒りと不安と涙の毎日。
私も長男もやるせなさでいっぱいだった。

今、体は私より大きいが まるで幼い子のように可愛く感じる。
安心しきった顔。今まで甘えることも素直に感情を表現することもできなくて
家にも友達にも本当の意味で自分の居場所がなくて苦しんでた彼が
今やっと自分をさらけだす事が出来るようになったのだろう。


学校よりも彼が大事。
そう気づいてから
私は学校は行っても行かなくてもいいや、と思うようになった。tuugaku03.jpg





クラス替えに伴う要望はありますか?
先生からの問いかけ。

行くかわからない。当分行かないだろう。

だけど もし 彼が行くという選択をした場合の事も考えておいた方がいいだろう。

私はもし行くことになった時のことを思い、
いくつかの事をお願いした。

不登校・男の子の育児FC2 Blog Ranking


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。